ウルトラミラクルラブストーリー

ウルトラミラクルラブストーリー
横浜聡子という監督の映画です。
松山ケンイチ君の存在感が素晴らしい☆そしてなによりこの監督のセンスがすきでした。
ラブストーリーとしてはかなり歪んでますけど、純粋な愛が奇跡を起こします。
この映画のまえに作られた「ジャーマン+雨」は面白いですよ。なんだ??これって思いながら見ていると、人の本質を心に問いかける直球も投げ込んでくる。カッコいい話です。ぜひ二つとも観て欲しいです。


| | コメント (0)

1101

ほぼ日刊イトイ新聞
みなさまのパソコンのディスプレイは何ですか??
子ども、恋人、ペット、愛車、、、なんかでしょうか。ちょっと照れますね。見た方が。。
余計なお世話です。
で、私はお気に入りのイラストレーター、福田利之氏のカレンダー付壁紙を無料でダウンロードしています。
「ほぼ日」は面白いコーナーが目白押し☆おすすめです。是非!!!

| | コメント (0)

LADUREE

Laduree
とうとう食べれたのです。ラデュレのマカロン。。。乙女の憧れです。
パリの老舗パティスリーの味shineがしました。うん,絶対した!!!と思います。
映画「マリーアントワネット」で小悪魔キュートなキルスティンがさりげなくつまんだあれです。
映画ではウェディングケーキ並みにつみあげられていましたが、お一つ300円とセレブなおやつ。。

東京の友だちが空港で買ってきてくれたのですが、日本では銀座の三越のみと聞いていたので。
ご縁がないわ。。と思っていたのに、ありがとうありがとう☆☆☆

箱も凄くかわいいので、宝物入れにします。

| | コメント (1)

靴下道楽

ayame
靴下が大好きです。なので、タンスの中が何時の間にやら靴下だらけ。。
今日は最高に可愛い靴下を購入しました。
履き心地が良くて、つま先やかかとまで模様が入っています。
是非ともサンダルと合わせたいです!!
シンブルな膝丈パンツや、ワンピースに合わせて履きたいですよ。うん。
「あやめ」という靴下のメーカーで日本製。是非、上のayameをクリックしてみて下さい。
日本のニット技術力に感動、そして本当に良いものが作り続けられる、正しい市場が増えて行くように願います。
嬉しくて、買って直ぐお店で履き替えて感動してました。
20081013002

| | コメント (3)

百万円と苦虫女

Cocolog_oekaki_2008_09_28_10_09
下手な絵を載せてみました。
というより、この映画を見ました。主役の蒼井優ちゃんが可愛くて、いじらしくて、こんな表情されたら。。参ります。
頑固で弱虫な女の子が、一生懸命に生きてるお話です。今までにありそうで無い感じの大人な映画です。
台詞や、情景が自然でいやらしくない所が好きです。
泣いたり笑ったりしながら楽しめて、ラストも清々しく見れました。
ふらりとどこか知らない街に行きたくなる映画です。
上演後にタナダユキ監督と杉作J太郎氏のトークショウもありました。
若くて奇麗な監督ですが、脚本も手がけている才女です。
一見かわいらしいのに、発言がクールで芯が強い感じは主人公に反映されているように思いました。
次回作も楽しみです。
気がつけばもう秋だし、映画三昧したいですね。

| | コメント (0)

南の定食ミールス

Dscf1863
Dscf1850
Dscf1849
Dscf1839
最近は、紐を編むのにハマっています。
最初は一つの編み方でひたすらに編み続けました。
これは楽しいぞ!!という事で、色んな編み方を覚えて、せっせと編んでいます。
確実に増えていく編み目をみていると達成感もあり、これは私向きだと思いました。
達成感が無いと続けられません、、飽きっぽくてこまります。
今のところはブレスレットが精一杯ですが、アレンジ次第ではどんなアクセも作れそうです。
研究中。。

   
暑すぎるし気分転換したいし、で、山のカレー屋さんに、ヘルシーでスパイシーなインドカレーを食べに行きました。
最高のロケーションのなか、そよそよ風にそよがれて、さわやか気分でいただきました!!
写真は完食の図です。
こんな日の為に、日々がんばるのですね。

Dscf1856_2

| | コメント (1)

ミナペルホネン

ミナペルホネンTODAY'SARCHIVES展に行ってきました。
広島オリエンタルホテル
内のギャラリーで開催中です。
この春夏のテキスタイルに心を奪われました。毎回、驚きと感動を与えてくれます。
一目ボレ、後、とりこ。
生地の中に入ってみる。想像から、見えてくるものがあるんです。

乙女心をくすぐる、いや男の子だってくすぐられるのが、ミナの服です。
「洋服をデザインすることは、生地から作る事、そして、そこには空想の世界があるもの。」とデザイナーの皆川明さん談。

そんなミナ誕生から13年が経って、さらに変わらず唯一無二な魅力を増していくようです。

会場には、シーズン毎にテーマを変えて作られている、とりバックがずらり。見ているだけでウキウキします。
そして嬉しいのが生地の見本を自由に触れること。その凄さに改めて感心しました。
日本の伝統的なかすりの技術を使ったものや、一見すると普通の水玉も、その玉一つ一つ地の目方向がバラバラ。などなど上手に説明出来ませんが、現代の洋服では見た事も無い卓越した技術の結集です。
柔らかくて、着心地が良さそうで、見る人の心も柔らかくしてくれる、ミナの服ですが。
その生地に込められた情熱と緻密さは凄まじい。妥協は無い!!
だからこそ時間が経っても、色あせず、さらに魅力的にみえるのですね。

うーーん、モノ作りの神髄を感じます。こうあるべきなんですよね。。日本の古典的なものってこうして引き継がれていくといいですね。
こんな美しくて、嘘の無いモノ作りが出来るなんて、やっぱり皆川さんの才能ってすごい、それだけの努力をされています。。

梅雨のじめっとした午後にさわやかな気持をくれました。
七月九日までです。興味のある方は是非是非!!

| | コメント (0)

地図帳

NEW STANDARDMusicNEW STANDARD

アーティスト:SOFFet,Full Of Harmony,GAKU-MC,MONGOL800,Sunaga t experience,KURO,SEAMO,Spinna B-ILL
販売元:エイベックス・エンタテインメント
発売日:2008/02/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この曲をBGMに旅行をしています。 歩いて、、、我が家より半径1kmは私の庭化してきました。 春になったので、リフレッシュがてらテクテクテクテクテクテクとひたすら地面を鳴らしてます。 このスウィンキングヒップホップが春にぴったりですYO☆ どうぞ、気になった方はご一緒に。はい!! 最近は、マザーズバック、ピアス、エコバック,ティッシュケース、ポーチなどバラエテーに飛んだオーダーが続いてます。楽しく作ってます。ので、、もうちょっとお待ち下さいませ。

GWの予定をたてたいなー。。地図帳見ながら行った気分になってます。
結局いつも庭化したご近所でピクニック程度で終わるんですけど、だって観光地は人がいっぱいですからね。って地元が観光地だったりしますYO☆

| | コメント (0)

ミツバ

Dscf1670
Dscf1675
Dscf1674
Dscf1665
                                                嬉しい!!
はちぽちへの注文の品々をご紹介です。あまり良い写真が撮れなかったので、
さらっと流し見してもらいたい。。。
ネックレスのペンダントトップはお客様のご希望でつばめとお花を入れました。メルヘンな世界で大好きです。
あとはシュシュとヘアピンです。
シュシュってボリュームがポイントで、大きすぎると子供っポク成るし、小さいとおばちゃんポク成るし、地味すぎたらなんか違うし。。絶妙なバランスが肝心。うん、これでいいのか・・
悩み中、ですが可愛いと褒めていただいたので良しとします。
ヘアピンもつばめを飛ばして、レースとビーズをちりばめました。革とフェルトを重ねています。
なんだこれ??と思われたら本望です。ちよっと歪んだ気持ちでつくってすま。否、ます。
でも、あえて変わった感じを狙ってるわけではなくて、なんかコレにしたくて性がないんですよね。
愛情だけは忘れず注ぎます。否、愛情しかないのでは、、、
コレを付ける明日が、楽しみに成ってくれてたら幸い。そんなチッサイ幸の素を作りたいです。

足下にぎっしり広がって、もう一枚の葉っぱを探さなくでもいい三つ葉のクローバーが幸せ☆

| | コメント (0)

クラッカー

Dscf0962
Dscf0891
先日、のし袋と筆ペンを買いに近所の文房具店に行きました。遅い仕事帰りでもほとんど開いているという、便利さに加え、年中おまけしてくれるという気前のいい店です。
お店の扉を明けると相変わらず店主さんは居ない、奥から「はいはい」と出くれるシステム。合理的。
入って直ぐのガラスケースの上にカネの洗面器があり、中にメダカの学校がありました。
相変わらず、ここだけ地球の重力が軽減されているようです。
肩の力がすぅーと抜けます。
私のこうゆう場所は他にも在って、友だちの雑貨屋さんや美術館ですね。
で、目的ののし袋ですが、店主さんは「気に入るのがあるかのー」と控えめ、
たいてい迷った事は無く、直ぐ決まります。これ!っと思うものが必ずあるからです。
100均で探す事も在りますが、どれもピンとこず妥協して買うこともあるのに。。。
この店のセンスに私は合っているらしいのです。で、次は筆ペン。
店主さんはまたも、控えめに「おじさんおすすめしていいかの?」と「描き心地のよいのはやっぱぺんてるよ」と。
何の疑いも持たずそれに決定。
すると店主さんが「こんなの使うかのー」と奥からハコを持って来ました。
「あげるから持って帰ってー」とクラッカーを出してくれました。
「おばあさんが死んだから、こうゆう子供向けのはやめよーおもんよ。」
「おじさん山を持ってて、そこに捨てにいくんだけど、いつも考えてまた持って帰ってきちゃうんよ」
とのこと、ありがたく頂いて帰りました。


毛玉ができて味の出ているおじさんのセーターのように、相変わらずのこの店にそんな変化があったなんて。。知りませんでした。
少し寂しそうなおじさんに、切なくなりました。

モノに心があり「捨てないで」って言った、メルヘンなお話もいいけど。
心ってものはやっぱり生き物にしかないと思う。
おばさんの思い出がある商品を捨てきれず、持って帰ってしまった、おじさんの気持ちに。
私の心はこの時ぎゅっと締め付けられて、その後暖かい気分になりました。
いつも、アレが欲しい、コレも欲しいと思っていますが。
結局は目に見えないもので、心を動かされて生きています。

以前、行ったときはまだ店の中に居なかったメダカは、今はおじさんの寂しさを紛らわしてくれてたのかも。
そう思うとまた少し切ない気分の帰り道になりました。
あと2週間で今年も終わりますなーー。。
クラッカーならして新しい年を迎えたいですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧