« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

手しごと市

Dscf1514
Dscf1512
Dscf1508_2
先週の土曜日に、近所のお寺で開催された手しごと市のもようです。
hotchpotch初野外です。気持ち良いですね☆
皆さん気合いの入った手作りものでいらしてました。
特に、消しゴムはんこをオーダーでつくっているのが感動でした。
センスの良いお店ばかりだったし、主催者さんの人柄の出ている楽しい催しでした。
第三回があれば是非参加したいですね。
私のブースはほとんど身内が買ってくれました。でも、お客さんの顔をみて、いらない話してアクセをみてもらうの楽しいです。
私の作るチッサイ世界が、誰かの世界と交ざりあっていく感じ。。
アクセ達も手元にあった時よりも花開いてみえます。嬉しそう!!
私の頭の中にいたアクセ達が、実物になって、誰かの手に取ってもらえる。
手から手へ心と心を繋いでます。
そして私の想像を軽くこえていく感じ。。
その方の日々にちよっとおじゃまして、楽しくするお手伝いができるなら。。幸い!!!
それは私の幸せです。。

| | コメント (2)

森美術館

Dscf1492_2
東京タワーを初めて見ました。
「三丁目の夕日」に出てくる東京タワーは日本一高い鉄塔だったのに、初見にして見下ろしちゃいました・・
東京があっけなく捨ててしまった下町の情緒は、このキラキラした道路の下敷きなっているのかなぁ。

森ビルの52階にある森美術館にいってきました。
この美術館には常設展はなく、今は4人のキュレーターが推薦する気鋭アーティストの展覧会でした。
うむむむむとうなったり、この世界は辛いな、、と冷めてみたり、いやーエネルギーがほとばしてる作品ばかりでした。人って凄い!!!
夜10時までやっている美術館ということで、この景色も堪能出来ます。
でもなんだか落ち着かないのは、六本木のおしゃれ感たっぷしのせいかな?
土からは慣れ過ぎていて田舎者にはちと眩しすぎ。。。ヒルズ族なる方々はこの夜景でブランデーグラス傾けたりしてるのか??貧そな想像力。。。
いずれにせよ、この夜景は50年前なら見れなかったものです。
逆にこの眩しさで霞んで見れなくなったものもあるけれど。

| | コメント (0)

クワイエットルームにようこそ

クワイエットルームにようこそ
写真は原作の本です。映画を観に行きました。内田有紀と宮藤官九郎が出演しています。
内容は簡単に言うと、女子だけの閉鎖病棟に入った主人公の2週間の物語です。
よくある泥沼からの更生物語かなと思っていたら、良い意味で裏切られました。
凄いぞ!!松尾スズキ、天才です。
フランスの巨匠のような重厚感はないけど、ハリウッドの超大作を観たぐらいの満足感はあるとおもう。比較するもんじゃないかな。。ある意味、ハリウッドのドンパチ系より数段人間ドラマとしての厚みはあると、私はおもうんだけど。。
内田有紀や大竹しのぶの演技もすばらしかったし、松尾スズキ的な細かい笑いもきっちりあって、好きな展開でした。
もし自分が精神病棟に入ってしまったら。「わたし正気です」と強く訴えれば訴えるほど、逆効果ですよね。
はたして、本当に自分が正気である証拠がどこにあるのか・・
あなたは大丈夫ですか??と肩をたたかれた気分。。渦中にいると分からない事ってありますよね。
激走中のみなさん・・立ち止まってみると気づく物が色々ありますよ。
クドカンの演技も良かったです。あんなやさしい?(気がひどく弱いけど・・)彼氏はなかなか居ないとおもうなぁ。あのキャラだし、放送作家っていうのもぴったりでした。蒼井優ちゃんも今までにない感じの役で良かったー。是非☆

| | コメント (0)

つばめ

Dscf1410_2
Dscf1396_4
つばめのバックチャームを作りました。
さわった感じがぷりっとしていて、じゃらんとキラキラした物がついてるチャームを作りたかったのです。
少し飽きてきたバックもイメチェンできるかも。。
つばめが好きで、ついついモチーフとして使いたくなります。色とシルエット、絵に描かれた感じとか好きです。
九州につばめという特急が走っているみたいです、一度は乗ってみたいな。。。

さざなみCDさざなみCD


販売元:ユニバーサルJ

発売日:2007/10/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する


このジャケット、、、コレ以上無いよ!!と言いたいぐらい好きです。福田利之さんの世界、キュンとします。「もぅー」ってね。
もちろん中身の曲も、、、コレしかないだろ!!と隣人の耳に自分のイヤホンをねじり込みたいぐらい良いです。「なっ!!」ってね。
そういう、乱暴な事が似合わない素晴らしい作品です。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »