« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

ミナ

ミナを着て旅に出よう (仕事と生活ライブラリー)ミナを着て旅に出よう (仕事と生活ライブラリー)


著者:松浦 弥太郎,皆川 明

販売元:DAI‐X出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


ミナぺルホネン のデザイナー皆川明さんの本です。
デザイナーになるまでの面白い経歴、その信念の熱さ、、、
何か目標があるなら、ゆっくりだって長く続ける事が大事なんだと教えてくれます。

よく「明日死んだらどうするの」と何かを決断する時に、悔いない人生を!!って自分に言い聞かせる事がありますが。
最近は違っていて、10年後楽しく生きている為、今日という日を悔いなく積み重ねていこう。と思うようにしました。
例えば、先日凄く良いライブにいきました。「京都音楽博覧会」というくるり主催の野外フェスです。色んな音楽を楽しめて、観客も出演者もとにかくカッコいい人達ばかりのライブでした。
その日が楽しかったのは、2ヶ月以上前に友だちに誘われて行こうと決めた、過去の自分がいたから。
そして今日が楽しかったのは、ほんの少し過去の昨日の私がいたからで。うむむ、なんだかややこしくなってしまったけど、、、
明日死ぬかもなんて、後ろ向きな理由で今日を生きるのはもったいないなと感じたわけで。

この本で皆川さんが自分のブランドに名前を付ける時、100年は続けるつもりで付けたと書いてあって、自分の死んだ後の事を想像しながら生きている人がいるんだなと、軽くショック、、良い意味で。
明日死んだら・・・って言う、ちょっと無責任なイメージとは真逆の発想ですよね。

皆川さんの人柄を思わす、丁寧でやさしい文章がとても読みやすいです。ミナの服を見てもそう感じます。
匂いや音まで聞こえてきそうなミナのオリジナルテキスタイル。

「口笛吹いて疾走する気持ちで、生きています。」と皆川さん談。素敵☆

ミナの服を着たいとなーっと長年思ってますが、
自分がこの服に見合った人間に成るまで、楽しみに取っておきたいです。

| | コメント (2)

朝のたそがれ

一分間劇場。朝の情報番組「スッキリ」の9時52、53分ぐらいから放送されてます。この時間にはもう会社に行ってしまって、見れないのです。。が、祝日にやっと観る事ができました!!
映画「めがね」の出演者が勢揃いです。なんだかお得感たっぷりですよ。たそがれてください☆
Dscf1334
Dscf1337_2
Dscf1347通称セパタクローネックレス。カゴのような丸いボールがその由来。













評判が良かったので、前回とは少し配色を変えて大人な感じに。今回は、ピアスとお揃いです。
しかし、毎日非常に暑いです。秋はまだかいな??

| | コメント (3)

circus

産まれて初めて、ボリショイサーカスを見に行きました。感動です。。
熊の曲芸が可愛くて、あの短い足でひょこひょこ歩いて、花カゴをもってお客さんにご挨拶です。
あれは何でしょう??あんなに胸がキュンとなるのは久々です。
空中ブランコも美しかったけど、、あたしはとにかく熊のあの姿が忘れられません。。良い思い出ができて幸せ☆
子供の頃にみると物語の世界に入り込んだみたいで、ワクワクするだろうなぁ。
Dscf1331_2
Dscf1323
サーカス気分で、メルヘンチックなネックレスをつくりました。
大振りのパーツとレースとウッドビーズで、おとぎ話に出てきそうな感じです。蜂と蝶が飛んでいます、見えませんが、レースのリボンの裏側は小鳥柄のリボンです。
カゴのような丸いパーツがお気に入りです。デザインは子供っぽく成りすぎないように気をつけました。
現時点で、完売しちゃいました。どんなお洋服に合わせて、付けて下さっているのか??
想像すると楽しくて仕方が無いです。
ありがとうございます。これからも仲良くしてやってください。
hotchpotchがあなたの1日を楽しくするお手伝いができれば、幸いです。

| | コメント (0)

天然コケッコー


天然コケッコー―映画ノベライズ (コバルト文庫 し 2-17)

9月1日ということで、1000円で映画を観てきました。映画館が好きです。
主人公のそよちゃんがもの凄い可愛いです。方言まるだしで、「ワシに同級生ができた!!」とおっさんみたい・・
そよちゃんにとってチューは握手といっしょで、欲しかったコートと引き換えにチューしてあげる。
そんな無垢だからこそ罪深いそよちゃん。そんで、みんなにやさしい子。キュンとします。
田んぼ、海、木造校舎、ニワトリ小屋、ださい床屋、これぞ田舎の風景。。
中学校の事を思い出しました。上履きをすのこの上で履いてた事、湿気た教室、砂と靴が擦れる音、あの感覚が一気に襲ってきました。中学生の自分も出てきて、ぐわーっとなきそうになり。。。
エンディングでくるりの「言葉はさんかくこころは四角」が流れだして、泣きました。
あの声がこの映画のやわーい感じにぴったりで、映画が終わってしまった寂しさも混ざって泣きました。
夏の締めに良い映画です。次は「遠くの空に消えた」が観たいです。
もうじき秋ですね。

| | コメント (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »