« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

ユメとボタン

Dscf0517 Dscf0511 Dscf0513 Dscf0512










写真は香川県高松市にある素敵なボタン屋さん「アカネヤ 」です。

高松に行く機会がああるときは、必ず寄りまする。店内はこじんまりとしていますが、そのチョイスが素晴らしい。私の中で、パリの可愛いお店です。

引き出しや瓶に宝物のように、奇麗なボタンが入っています。アンティークのリボンや刺繍のバックも、こんな感じにさりげなく置かれていますが、店主さんのセンスの良さがビビット生きています。住みたい。。

こちらで、可愛いボタンとリボンを買ったので、アクセサリーを作りました。

店主さんの計らいで、とても良い買い物が出来ました。感謝感激☆ユメのよう。。ありがとうございます。

Dscf0637

Dscf0638 長さは2通り楽しめるようにしています。なので、短くすると後ろでチェーンが余ますが、それも素敵だと思います。

Dscf0639 シマシマのリボンは、シルクで、光沢も良いし色も気に入ってます。六角形のボタンにベルベットのリボンを通してありますが、蝶結びにしてもかわいいです。これは、大人っぽくしたかったので自然に流してまする。

| | コメント (1)

KYOTOどS

Dscf0487 Dscf0482紅葉まだの、秋の京都に行ってきました。

1週間強前のお話。。。
写真は、鴨川と鴨。
気持ちのよい朝の散歩を楽しみました。
Dscf0489 Dscf0491 そして、お腹をぺこぺこにして、三条にあるイノダコーヒー本店で、朝食を頂きました。テラスが見える席で、凄く気持ちよかったです。
















Dscf0494_1                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              この旅メインはけいぶん社 です。一乗寺にあるとても、センスの良い本屋さんです。
古本、洋書、漫画、絵本まだまだ色々。とにかく、心躍る場所です。
本とそれに関連する商品が横においてあったり、アンティークのアクセや、雑貨なども可愛いです。

ギャラリーもあって、そこが今回の目的地でした。
イラストレーターの福田利之 氏の「コジナ帖」原画展が開催されていました。
恵文社限定の原画集も販売されるとゆうので、ワクワクで来店しました。
店内はまさに私好みで、一日中でも居たい感じ。住みたい。
あれこれ買いすぎました。
そして、なんと福田利之氏ご本人にお会い出来ました。

これほど嬉しい事は、滅多に無いですよ。

実は、ご本人がいらっしゃる事は知っていました。
でも、会える保証なんて無いですし、お顔が分からないのでご本人か気づかなかったらどうしょう。と心配しましが、やっぱり違いますよね。
かもし出してるものが。。でも、威圧感も俺が的な感じも無く、のんびりした雰囲気で優しい物腰の方でした。

話しかけて良かった、そのまま帰ったら確実に後悔してます。

「寝起きです」と、言いつつ快くサインをして下さいました。
イラスト付き☆ふふふっ。。見るたびにニマニマ気持ち悪く笑ってます。

本もこの出会いも宝物になり。

感動のひと時を京都ですごしたどS。

| | コメント (0)

文房具店

Dscf0494 写真は福田利之さんの画集です。最高☆ 下の文とは関係ないけのだけど。お気に入りなのでご紹介。

町の文具店が好きです。小学生の頃は、当たり前だったけど、最近はやっぱり便利だからとコンビニやスーパーで買ってしまいがちです。
でも、あそこに行くべきだと今日は痛感しまして、走り打ち。

特に子供は行った方が良い。

「二本で189万円ね」と桁外れなボールペンの金額を請求されるし、でも密かにおまけされているし、実は一本100円だから。
「袋はごめん無しでこのままでね。」と、エコ包。

そもそも、ポケットに入る位のもんなら何処にだって入れて帰れるし、わざわざビニール袋に入れる必要がないよね。この一言を添えてくれただけで、袋の必要性はなくなるわけです。

水性だから描きやすくて、乾くと落ちないよとか、書き心地まで説明してくれて、試し書きまでさせてくれる。徹底的に商人です。

こんなやり取りをしないで、大人になると。

上司と話が合わないから、付き合いにくいだの。

近所の井戸端会議に参加出来ず、スーパーのお得情報を逃す主婦になったりする。に違いない。

コンビニのお兄さんにこれを要求するのはちょっと酷な話です、「何〜万円です。」とかレジで言うと、店長に舌打ちされてしまうだろうしね。

安いし、心があるよね。文具店に行くと良い事だらけ。

文具店に限らず町の商店街で、買い物する事は良いです。そこは大人社会そのものだしね。

今日買ったボールペンは0.38ミリ、私は38という数字が好き。なぜなら。。。秘密

| | コメント (3)

ナイスの森

映画ナイスの森 を見ました。ナイスでした。最高にくだらないので、暇つぶしに是非見て欲しいです。
森つながりで、素晴らしい森に行ってきました。
広島県北部にある三段峡です。マイナスイオンをたっぷり浴びてきました。
Dscf0456















写真は二段峡です。

ここにくるには船に乗らなければなりません。
Dscf0447











分かりづらいけど、岩と岩の間をとおっています。船頭さんはロープをたぐり寄せながら前に進んでいきます。

この先に滝があるわけですよ。

水がもの凄く奇麗で、下まで透き通ってました。すうーと飲み込まれて、沈んでいきたい感じです。いやそれは寒そうですが。。

森はシーンとしていて滝の音だけがざばばーんと気持ちよかったです。


Dscf0455




こんな一日があるから、日々のアレやコレやもつまら無いもんだと思えるんです。

Dscf0454

あたしのあし・・・

 

 

| | コメント (6)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »